絵本作家 市居みかの日々あれこれ ichiipk.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

絵を描いたり散歩をしたり・・・


by ichiipk
プロフィールを見る
画像一覧

生きられなかった人生


絵本の絵を描きつつ、小説の朗読テープを図書館から手当り次第に借りて聞いています。
しばらく聞いていたのは、立松和平さんの「日高」。
北海道の雪山で遭難した大学生の話なのですが、なかなか哀切で。。。

大学の山岳部のパーティーが雪山に縦走に出かけます。主人公はリーダーの男子学生。
4年生で、就職も決まっていて、最後の山行き。
彼はそのメンバーにいる後輩の女子学生へ恋心を抱いています。
予想以上の大雪で、雪洞を掘って中で寝るのですが、雪崩が起き、全員生き埋めになってしまいます。
リーダーも目を覚ますと、かちかちに凍った雪に閉じ込められており。
なんとか脱出しようと雪を効かない手で掘ったりもするのですが。。。

彼がその中で亡くなるまでの4日間の話なのですが、その雪の中で、彼の妄想というか夢がどんどん描かれていくのです。
その妄想の中で、彼はその女子学生と夏の山へいったり、就職をしたり、結婚をしたり、そして、子どもの出産に立ち会ったり・・・・その彼の「生きられなかった人生」が、現実かと思うくらい、事細かに語られます。
そして、時々、雪に閉じ込められた現実の世界へ戻ってきて、また苦しみ。。。

なんだかきっとこんなことがあるのでは・・・と思いました。
まだ若く、これから、という時に人生を断たれてしまう、その哀しみと、でも、一瞬の妄想でもこんなに生きることもできるんじゃないか、とも思えてしまいました。

私も学生の頃、山登りをしていたので、いろいろよくわかるところもありました。
そして、山岳部の同級生が、同じように雪洞が崩れて亡くなったという事件もあったので、よけいにこの話が身にしみました。

・・と、こんな話を聞きながら、南国のワニの絵を描いていた私です。
[PR]
トラックバックURL : http://ichiipk.exblog.jp/tb/12717165
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by どろんこ at 2010-01-23 19:53 x
おおー、それ読みたい!
南国のワニのほうも両方!
Commented by いちい at 2010-01-24 13:11 x
ぜひ、両方読んでくださいー。
ワニの方は、今年の5月に月刊誌として出版されます。
またお知らせしますねー。
Commented by メイホウ at 2010-01-25 17:20 x
ふと…
昨年に亡くなられた
お客さまの事を
思いだしていました

私は
洋服屋さんで働いて
もう7年目になります

お客さまは
今年
37歳になる彼女でした

やはり
妄想の中で…

恋人との結婚式や
こどもが出来た事や…

瞬間の夢が
あったのなら…と
思いました
Commented by いちい at 2010-01-25 19:26 x
メイホウさん、
きっとそのお客さんの心の中にも、その人だけの世界があったのでしょうね。
そして、幸せっていろんな形があるから・・・
どういう形であれ、その人の幸せがあったのなら、いいなと思います。
Commented by メイホウ at 2010-01-25 22:44 x
確かに…
そうですよね…

きっとからだが良くなってから、
遊びに来る
つもりだったんだと

思います

店を異動する前に
彼を連れて来てくれた
彼女の顔
忘れられないですが
絶対忘れたくない
私もいます

とても
幸せそうだったので…

改めて命の大切さを
日々実感しています
Commented by いちい at 2010-01-26 13:53 x
身近な人が亡くなったりすると、
命ってやっぱり終わってしまうもんなのだなぁと改めて感じますね。
一日一日を大事に生きたいものですね。。
by ichiipk | 2010-01-23 17:56 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(6)