絵本作家 市居みかの日々あれこれ ichiipk.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

絵を描いたり散歩をしたり・・・


by ichiipk
プロフィールを見る
画像一覧

親になるために


お産をする予定の病院主催の「両親学級」に行ってきました。
親になるのも、勉強が大事なんですな。
部屋に入ると、10組くらいの妊婦さんとだんなさんたちがいました。

お産のビデオを見て、その後、助産師さんが、お産の進み具合や、どのタイミングで病院に電話をし、行くべきか、何を持って行くのか、産まれてくる赤ちゃんのために何を用意するのか・・いろいろ教えてくれました。
お産の時の環境など、いろいろ希望が聞いてもらえるのか心配だったのですが、かなり聞いてもらえそうでちょっと安心しました。
生まれたての赤ちゃんの実際の重さの人形を抱いてみたり・・・(かなり重い!)。
赤ちゃんの心臓の音を聞ける小さな機械があって、希望者はお腹にあてて聞かせてくれました。
もちろん、私も。
お腹に機械を当てると、とっとっとっとっとっとっとっと・・・と早い音。
大人の倍くらいのスピードで赤ちゃんの心臓が動いていました。
小さいのにがんばってる。。。。!!!と、ちょっとじーんとしたりして。

それから、院内の部屋を見せてもらい。。。。
ちょうど改装後で、お産後の部屋はきれいな個室で、家族も一緒に泊まれるし、すごくくつろげそうでよかったです。

しかし、陣痛が始まってから、2時間で産まれたという人(その助産師さん)もいれば、参加者の中に、一人目が24時間かかったという人もいました。
ほんと、妊娠もお産も千差万別、人それぞれなんですね。
私はいったいどんな風になるのだろう。。。予想がつきません、まったく。
[PR]
トラックバックURL : http://ichiipk.exblog.jp/tb/12734239
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by koto at 2010-01-26 20:11 x
いよいよですね~。心音、感動するだろうなあー。
お産の環境がよさそうで、安心ですね。
大事な大事な時間を、快適に過ごせますように。
Commented by メイホウ at 2010-01-26 20:54 x
おなかの赤ちゃんの
心臓の音感動しますよね

産まれた時は
もっと感動ですよ

昔に
゛こんにちは赤ちゃん゛
て歌がありましたよね…
メチャクチャ古いですが

(>д<)


実感していました

朝潮 太郎ちゃんは

小さい女の子でした
Commented by メイホウ at 2010-01-26 21:01 x
出産前は不安な事も
多いですよね

自分のからだから
人ひとりが
産まれるのですから

でも
メチャクチャ怖がりの
私も
お母さんになったので

大丈夫
安心してくださいね…
Commented by いちい at 2010-01-27 14:17 x
kotoさん、
ありがとうございますー。お元気ですか?
お産の環境、いろいろあると思いますが、とりあえず無事に、安心に、を目指して、がんばりますねー。
なんかもうちょっとになってきて、どきどきです。

メイホウさん、
ありがとうございますー!
心音、ほんとうれしいものですね。
産まれた時はもっと感動ですか。
どんな感じなんでしょう?
いろいろ不安もありますが、自分のお腹の中に来てくれたことで、もう感謝です。
朝潮太郎ちゃん、小さい女の子だったのですね!!
もう大きくなられているんでしょうねー。
Commented by メイホウ at 2010-01-28 11:01 x
出産の感動は、
お楽しみに…
逆に
みかさんの
コメントが楽しみです~

小さい女の子は
19歳
大学生一年生に…

自分の夢に向かって
毎日が楽しいようです

少しホッとしています
(●^o^●)
Commented by いちい at 2010-01-28 12:41 x
出産の時に何を感じるのか、不安でもあり、楽しみでもあります。
朝潮太郎ちゃん、もう19歳ですか!!!
そろそろ独り立ちの時期ですねー。
どう生きていってくれるのか、これから楽しみですね。

Commented by メイホウ at 2010-01-28 12:58 x
もう
彼女の認識に任せています
不安もありつつ…

これも親としての勉強です
出産は
病気ではないようで
一種
自身の身体に
かなりの異変があります

みかさんの体調が
赤ちゃんの体調だと
思いますので

くれぐれも
無理はされないで

しんどい時はまるなげで
元気な赤ちゃんと出会える事をお祈りいたします
by ichiipk | 2010-01-23 18:38 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(7)