絵本作家 市居みかの日々あれこれ ichiipk.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

絵を描いたり散歩をしたり・・・


by ichiipk
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:日々の暮らし( 122 )


スピッツ・ベーカリー


遅めのお盆休み・・・と思うが、やっぱりやらなければいけないことがある。。
でも、ゆっくり2度寝して、なんだか長い夢を見ていた。
荷物でぱんぱんの緑色の旅行かばんの上にのっかって、蓋をしようとしていた。
どこかへ行きたい願望かなぁ。

思い立って、トイレとお風呂の掃除をする。汗をかいたけど、すっきりした。
そして、四国の友人が開店するパン屋さんのマークを作る。
名前は「スピッツ・ベーカリー」。
木版で・・との希望で、久しぶりに彫刻刀とばれんを出してきて、彫る、刷る。
愛されるマークになりますように。
開店したら、遊びに行きたいな。

夕方、布団を貸していた近所の友人宅へ布団を返してもらいに行く。
日曜に来客のため。
友人は水色の布で、手縫いでズボンを作っていた。すごい。
台所には今晩のおかずになるであろう、半額の札のついたいか。
150円の半額・・・75円。安い。
畑のトマト、きゅうり、ゴーヤなどをおみやげに持っていったら、手作りのベーグルと生姜の甘酢づけをくれた。うれしい。

明日は温泉に行く。
[PR]
by ichiipk | 2008-08-22 23:28 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(0)

百日紅


家の前の百日紅が満開、満開。
濃い紅色の花が風に吹かれて、はらはらはらはら・・・・
落ちる所は私の車。。。。
紅色の花がみっしりとフロントガラスに・・・あああ・・

この一ヶ月、いろいろイベントがあったり、体調を崩したり、仕事に追われたり・・している間に、瞬く間に過ぎて行きました。
秋に出す絵本の原稿を少し修正して今日、発送したら、少し一息です。
ちょっと遅めのお盆休みしようかな。

今、大阪で一筆箋展というのに出品中です。
ちょっとレトロな雰囲気のリソグラフという印刷を使って、3種類の一筆箋を作りました。一冊315円で販売中です。
たくさんたくさん楽しいのがあると思いますので、よかったらぜひお越しください。
くわしくは
オソブランコ
http://www.osoblanco.jp
をご覧ください。
b0120471_14114546.jpg
b0120471_14121335.jpg

[PR]
by ichiipk | 2008-08-21 14:13 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(0)

お出迎え亀


さっき、ちょっと家をあけて戻ってきたら、玄関の前に亀が一匹。
甲羅の長さ25センチくらいはありそうな立派なやつ。

「なんでこんなとこに??河が増水して上がってきたのか・・?つかまえて飼うか、いや、でも大きいから大変やわ。でもしばらく家において観察させてもらうか・・」

と、しばしにらみ合いのまま、逡巡。

おもしろいので、とりあえず、写真をとっておこうと、カメラをとりにいって戻ると、亀の姿は忽然と消えていた。
意外と逃げ足が早い。
[PR]
by ichiipk | 2008-06-21 12:28 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(2)

夜、光るもの


昨日、灯りをつけずに部屋に入ると、網戸に

-----・・・−−−−−・・・----・・・・

と、黄緑色に小さな光。

ホタルだ。

しばらく見ていると、

〜〜〜・・・   〜〜〜〜・・・・ 〜〜〜〜

と飛んでいった。

なんかうれしくなって、しばらく暗闇のまま、月明かりで外を見ていた。
[PR]
by ichiipk | 2008-06-17 14:06 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(2)

きれいな目


図鑑の表紙の絵を描き、夕方、宅急便へ。
ついでに古本屋にいらない本を紙袋2つに詰め、持っていく。
1500円ほどで売れ、うれしい。
ついでに3冊古本を買う。
そして、車にガソリンをいれ、オイル交換を思いだし、ついでにしてもらう。
また思いだし、ワイパーのゴムも交換。
10分ほどで終わって車のところへ行くと、40〜50代くらいの整備士さんが窓を拭いてくれていた。
「タイヤの空気圧も調整しておきました」とやさしく微笑む整備士さんの目を見て、はっとした。
なんかすごい透き通って澄んでいる!
「ありがとうございました」とお礼を言って車に乗り込む。
一瞬の触れあいだったけど、なんだか不思議に心が洗われた気がした。
きっと車にもすごく愛情を持って接してくれたんだろうと思う。
[PR]
by ichiipk | 2008-05-19 12:57 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(0)

ヘリオさんとウキチさん


私の初めての絵本は「ヘリオさんとふしぎななべ」という、貧乏な絵描きさんが主人公の絵本。その主人公、ヘリオさんにそっくりな人がいる。しかも彼も絵描きさん。ミツル・カメリアーノさんという。(日本人。本名が椿野というので、椿=カメリアでつけた名前)
当時、彼は岡山の牛窓に住んでいたので、「牛窓のヘリオさん」と呼ばれていた(というか私が呼んでいた)。彼をモデルにしたわけではないけど、絵本のヘリオさんにそっくりなコートとパジャマを持っているらしい。
あの絵本には、町の風景に友だちのお店などを遊びでいれているのだけど、最後の見開きに「うきちどう」という本屋さんが小さく描いてある。
その「宇吉堂」も金沢にある実在の絵本屋さんで、店主のウキチさん(女性)のパートナーがそのヘリオさんそっくりの絵描きさん、カメリアーノさんなのだ。

家で仕事をしていたら、突然、その友人、ウキチさん、カメリアーノさんがやってきた。大阪から金沢へ帰る途中らしい。遠方なので、そんなにしょっちゅう会えるわけではないけど、なんだか親戚みたいな親しみと、自由な考えの楽しさを感じるお二人。
いつも一緒に旅もしていた犬のFeFeが19才で先日亡くなったので、心配してたけど、元気だった。
b0120471_1844291.jpg

*前からウキチさん、カメリアーノさん。似てる?

ウキチさんはFeFeの毛を集めてクッションにしたものを持っていた。亡くなったときの写真も。
いつも一緒で家族だったので、寂しいだろうな。。。
でも、19年も元気で生きて幸せだっただろうと思う。
ウキチさんは「長生きしいや」とFeFeに毎日言っていたらしい。「効くでー」というので、うちの猫にも言ってもらう。
うちの猫もおそらく13-4才で年をとってきたので、私も耳元で毎日「長寿長寿」とおまじないをかけているのだが。
いろいろ絵や絵本の話をして、ゆっくりして、金沢へ帰っていった。
b0120471_1852462.jpg

*カメリアーノさんのうちの近所のスケッチ。さらさらと。

あの二人はいろんなものにとらわれず、住む町もいろいろ旅して決めて身軽にひっこしたり、生活もお洒落に楽しんでいて、なーんかいつも自由な遊び心を感じる。
会ったらうれしくなる先輩であり、大事な友人たちだなぁと思う。
[PR]
by ichiipk | 2008-05-09 18:11 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(3)

夜ですよ


京都で一人暮らしをしていた時は、夜の2時3時くらいまで平気で仕事をしていた。
でも、滋賀へ越してきてからは、冷えが厳しい冬は、夜暖かく過ごそうと思ったら夕方に居間のストーブをつけなければならないため、仕事はだいたい夕方まで、というリズムになった。
こうしてみると、夜はやっぱり仕事をやめてゆっくり過ごす方が、心にも体にもいいんだなとわかる。

しかし、最近あったかくなってきてまた少しずつ夜型になりつつあるのだが、暗くなっても仕事をしていると、作品の上に大きな黒い影が。

猫のネルである。
b0120471_15124562.jpg


紙に絵を描いていると、その上にどっかり座る、ごろんと広がって寝る。
パソコンをしていると、むりむりっと画面の前にめり込んでくる。
「もう夜だよ。仕事やめて一緒にゆっくりしよう」
と言っているのだ。
その姿を見るとふふっとおかしくなって、よほどせっぱつまってないかぎり、仕事をやめてしまう。
そして、居間へいってソファに横になると、すかさずお腹の上にのってゴロゴロ喉をならすのだ。
ネルといると、健康的に暮らせるかもな。
[PR]
by ichiipk | 2008-05-07 15:17 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(3)

畑日和


あまり曜日が関係ない仕事だけど、ゴールデンウィークはやっぱり電話もかからないし、休日!という感じがする。
しかもいい天気!

朝、京都からみっちゃん、たあこちゃん、と近所に越してきた友人みずきが来て、ちょうどいいので、無理矢理、畑を一緒にする。
みっちゃんの持参してきたもんぺがばっちり信楽の景色にマッチしていた。
雑草を抜いて軽く耕して、畝を作り、苗を植えた。
プチトマト、ピーマン、なす、きゅうり、ゴーヤ、ししとう、いんげん、オクラ、パセリ、紫蘇、を小さい畑にちょっとずつ。
b0120471_1851229.jpg

お昼に親戚もやってきて、にぎやか!
筍を掘っていってもらう。

次の日はみずきの家へ。
まだこっちに来て一ヶ月、がらーんとした部屋。
なんか一人暮らしをしてた頃のことを思いだした。
彼女は、本当に荷物が少なくシンプルに暮らしていて、すごいと思う。
近所だけど、なんか旅行に来た気分になっておもしろい。
みっちゃんお得意のおいしいお好み焼きを焼いてもらい、ごろごろしつつ食べるかしゃべるか笑うかで、ずっと口は動いていた。
思わず、「いい休日やなぁ・・・」とつぶやく。

ちょっとごたごたしていたことがあったので、なんかリフレッシュしたなぁ。
友人はほんとに有り難いなとしみじみ。
[PR]
by ichiipk | 2008-05-05 17:53 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(4)

移動と仕事と


b0120471_1340253.jpgb0120471_13401560.jpg

なんだかぼーーっとしている間に一ヶ月たってしまった。。。
日記を続けるのはむずかしい。
4月は、仕事の合間に、打ち合わせで名古屋、福井にいったり、信州・小布施にいったり、移動が多かった。
小布施はいいところだった!
小布施のパンの絵本を描くことになり、取材をした。
そして、春の新刊がいっぱいでました。
絵本一冊、装丁など2冊、あとは子ども雑誌など諸々。。
友人が町内に引っ越ししてきたり、お隣が引っ越しし、また違う人がやってきたり、仕事部屋に新しい棚を入れたり、15年ぐらい使っていたオーディオコンポをようやく新しくしたり・・・。春はやっぱり変化が多いなぁ。
家の周りに植えた花がきれいに咲いてうれしい季節。
竹の子もにょきにょき、いらんとこに出てくる出てくる。
散歩にいってはとってくるわらび、こごみ、山菜もおいしい。b0120471_13502013.jpg
[PR]
by ichiipk | 2008-04-28 13:52 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(4)

百物語


朝からしとしと雨。
これぞ春雨。
そういえば、昨日、春雨スープを作ったな。
今日はちょっとやる気で、机に座る。絵本の仕事。
ずっと待ってもらっているダミー(絵本の下書き絵本)を描いている。
火をテーマにしたお話。
なんとか形になるといいな。

白石加代子さんの語りの会、「百物語」のお知らせハガキが来る。
くーーー、行きたいなぁ!
5/31、6/1・・・岩波ホール。東京かぁ・・・。
2度ほど、この「百物語」見に行ったのだが、本当にすごかった、おもしろかった。
この白石さん、怪女優とも言われ、なんとも言えない凄みとおもしろさとそして色気をもっている人。その白石さんが、舞台の上でたった一人、ちょっとこわい、不思議な小説を語るというものだが、それがすごいのだ。
初めて見た演目は、泉鏡花の「高野聖」だったのだが、白石さんが語りだしてしばらくすると、何もない舞台に、霧に包まれた鬱そうとした杉林が出現したような、霧がこちらまで流れてくるような気が本当にした。
声に出すこと、表現することって、すごいものだなぁ・・とその時思った。
最近は関西までなかなか来てくれないようで・・・ああ、行きたいな。

http://www1.linkclub.or.jp/~hyaku/shiraishi/hyaku/index.html
[PR]
by ichiipk | 2008-03-20 15:45 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(6)