絵本作家 市居みかの日々あれこれ ichiipk.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

絵を描いたり散歩をしたり・・・


by ichiipk
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:日々の暮らし( 122 )


京都でもデモ


今日は京都で生まれて初めてのデモに参加してきました。
信楽の山から1台の車に大人5人、子ども8人乗って桜咲く京都の町へ。

ベビーカーに「原発いりません!」って書いた紙を貼って、友達と2台ベビーカー並走。
鈴鳴らしたり「原発いりませんー!」って叫んだりして、京都のメインロード、河原町をゆっくり歩いてきました。
警察も出て、わぁ車道を歩くなんて初めてやわー。
サックスのお兄ちゃん、ジャンベのお兄ちゃん、盛り上げてくれてよかったなぁ。
結構集まってるなぁと思ったけど、500人くらいいたらしい!!
すごいぞ。

b0120471_2319859.jpg


夕方冷えて来て寒かったけど、薫平もがんばりました。
なんかめちゃめちゃ疲れましたー。
通行人たちは無表情にデモを眺めている人が多かったな。
どう思っているのかみんなに聞きたかった。
なにか少しでも心に残してくれる人がいたらいいなぁ。

b0120471_23203741.jpg


とにかく、同じ思いの人たちと顔を合わせて、一緒に時間を過ごしたことは大きなことでした。
ますますこの動きが大きなうねりになっていきますように!!
[PR]
by ichiipk | 2011-04-03 23:14 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(4)

あすのわ


地震以来、原発はやっぱりどうしてもいやだという思いがふつふつと湧き出ています。
空気が、水が、食べ物が、そして小さな子が、放射能で脅かされるのです。
放射能は目に見えない、においもない、すぐには体の異変に表れない。
でも、体に入り込んだ放射線は、じわじわと確実に体を蝕んでいくらしい。。。
恐ろしすぎるよ!!!
水も食べ物もなくなって、どうやって生きて行けるのかな。
こんな危険で、一見便利そうに見せかけているけれど、知れば知るほど、実は全然便利でも効率的でもないやり方は、どうしても受け入れられないと思います。
何かなくても周辺には放射能を漏れさせ、大量のどうしようもない核廃棄物をだし、
そして、何かあったら、世界中に害をまきちらし、制御できない事故を起こすやっかいな原発。。。
こんなもの使ってまで、電気を湯水のように使いたいとは決して思わない。
今こうしている間にも、福島原発から大量の放射能が出続けています。。。。。

このまま黙っていては、今の流れのまま「推進派」に勝手に入れられてしまう!と思うのです。
何をやったらいいかわからないけど、とにかくできることを始めることにしました。
グループができました。
名前は「あすのわ」。
私たちのus 、明日のあす、地球のア(ー)ス。
ロゴ、私が作ります!
何かしたい、と思っておられる方、入会も大募集中です!
もうすぐサイトもできますので、またお知らせしますね。
6月に、楽しく、そしていろんなことを知ることができるイベントを企画中。

その前に、まずは原発を知ること。
いやだと言いつつ、よくはわからないものを少しでも知りたい。
今日は原発に関するビデオを上映し、その後、集まった人たちで話をしました。
「もんじゅ」のこと、知らなかったことがいっぱいあり、そして恐ろしさもものすごく迫ってきました。
私の住む滋賀の隣の福井にあり、何かあったら、チェルノブイリ事故くらいの制御不能の核暴走の可能性があり、そして、その可能性はものすごく高いのだ。。。。。とほほ。。
しくみを聞けば聞くほど、関西人としては「んなあほな!」「そりゃあかんやろ!」とつっこみを入れずにはいられない。

まずは知ること。
そして、それを伝えて、同じ思いの人とつながっていくこと。
今はそれが本当に大事だと思う。
そこからきっと何かが起こる、と信じたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このサイト、とても原発のことわかりやすく書かれています。(ちょっと字が小さいけど)
興味ある方はぜひ。
子ども用サイトもあって素晴らしい!!

●よくわかる原子力 http://www.nuketext.org/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして、ついに京都でもデモがあります。
私も行きたいと思ってます。よかったら!!

「原発をとめろ! 核事故の真相を明かせ! こどもを救え!デモ@京都」

4月3日 16時 デモ※(雨天決行)
集合15時 三条川原→河原町通→河原町通仏光寺→折り返し→市役所前解散
※プラカードなどを持参してください。

主催:原始力の会とピースウォーク京都
[PR]
by ichiipk | 2011-03-30 23:43 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(8)

芸術の力


地震の惨状、そして福島原発の放射能もれ、これからの他の原発のこと、など、もう気になって気になって、なんかあれ以来、落ち着かず、呼吸が浅くなっている。
仕事しようにも、「こんな時にのんきな絵描けない・・・」という気分になってしまって。。。

昨夜、ふと見つけた長新太さんの絵本「なにをたべたかわかる?」。
表紙のぷくっとした猫の後ろ姿が目について、思わず手にとる。
猫がつった大きな魚、死んだふりして途中でいろんなものをぱくり。
思わず顔がほころんで、肩の力が抜けていた。

そして、偶然つけたラジオでやっていたライブ。
いい声で、自由な歌。
七尾旅人のライブだった。

こういう時だから、より一層心に沁み入った。

やっぱり人間はどんな時でも、音楽や絵や、そういうものが必要なんだな、と思った。
私もできること、やっていこうと思いました。
[PR]
by ichiipk | 2011-03-27 22:33 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(4)

昨日の記憶


挿絵をやった読み物が完成し、見本が届く。
「ケンタのとりのすだいさくせん」(文溪堂)。
なかなかかわいい本になりました。
もうすぐ発売です。

昨日、薫平に即興の手遊びで、手をひらひらさせて「きらっきらっきらっ」と言い、
それから、「とんとんとん」と頭に触って遊んでいました。
うれしそうにするので、何度も
「きらっきらっとんとん、らっきらっとんとん・・・」。

今日はそれをすっかり忘れていたのですが、寝る前にふと見ると、薫平が手を挙げてひらひらさせています。
「ん?これはもしや・・」と思い出し、
「きらっきらっ??」
と言うと、またひらひらひら。
そして頭をとんとんしています。

あー、昨日やったこと、ちゃんと覚えてるんやなぁーーー!

はいはいで前進できるようになったと思ったら、もうすごいスピードで動くし、一人で2秒くらい立ったりしてます。
毎日発達、毎日変化です。
[PR]
by ichiipk | 2011-02-24 22:07 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(4)

珍虫と奇虫


私はたいてい、複数の本を平行して読んでいます。

先日「虫目で歩けば」という、虫好きの女性ライターさんのエッセイを読んでいたら、『ゴンチチのチチ松村さんに「珍虫と奇虫」という図鑑がいいよと勧められ、手に入れてみたら素晴らしかった』という感じの記述がありました。
「へぇー」と思いつつ、流していたのですが。。。

平行して、その日、寝る前に、田辺聖子さんの「鏡を見てはいけません」という本を読んでいたら、主人公の女性が、恋人の小学生の息子に本をプレゼントしたらものすごく気に入って肌身離さず持ち歩き見ている・・という話になり。
そのプレゼントした本というのが、なんと図鑑「珍虫と奇虫」。

なぜ、こんなにレアな(今は絶版になっている)本が、同じ日に読んだ本に2度も出て来たのか・・・・
なんとも不思議な気持ちになりました。
b0120471_2128259.gif



こうなれば、この図鑑、見てみたいなぁ。。。
へんてこな虫がいっぱい載っていて、とってもこわおもしろそう。。。
[PR]
by ichiipk | 2011-02-07 21:29 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(0)

味噌づくり


友人のよしこさん主催の「みんなで味噌作り」をしてきました。
公民館で、持ち寄った圧力鍋を貸し借りして大豆を煮て、借りて来てくれたもちつき機でつぶし。
麹と塩と混ぜ、瓶の中にぶちこんで。

去年は妊娠中だったため仕込めず、一年抜けましたが、来年はまたおいしい味噌が食べられそうです。
久しぶりにあった友達とちょっとほっこり。
[PR]
by ichiipk | 2011-02-01 21:39 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(0)

子どもたちの絵本


友人の小学校の先生、Mシゲくんが、授業で作った子どもたちの絵本をもって遊びにきてくれました。
私のワークショップで絵本を作ってみせたのを見て、早速子どもたちとやってみてくれたのでした。
子どもたちの絵本は紙袋にどっさり!
どれもこれも力作ぞろい!!!
ちゃんと表紙もついて、最後まで完成している!

家業のたこ焼き屋を舞台にしているものあり。
最初は気合いが入っているけど、後でへなへなとなっているものあり。
「だれかさん」という詩的な主人公のものあり。

いやぁ、バラエティに富んでいて、おもしろかった。
いもほりでお邪魔させてもらったMシゲクラスのみんなの顔を思い出し、うれしくなりました。
Mシゲ先生、子どもたち、本当にありがとう!!!
[PR]
by ichiipk | 2011-01-11 21:34 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(3)

雪の一日


昨晩は薫平が12時から朝まで一晩寝てくれたので、起きずにすんだ。
起きたら一面の雪景色。

今日は子守りの日。
ストーブに当たりつつ、一日子どもとまったりと過ごす。
起きてる間は、一日中体をうにゃうにゃ動かしている。
はぁ。。元気やわ。
まだちゃんとは動けないけど、座ったまま、ずりずりと、方向転換しつつ、移動し始めてる。
毎日変化があるので、びっくり。

退屈してぐずりだしたので、厚着をさせ、ベビーカーで散歩。
でも、風が冷たく、出かけて来たのを後悔。
年賀状を買って帰る。

そんなこんなで、夕方になり、お風呂にいれ、ご飯を食べさせ。。。
あっという間に夜になる。
[PR]
by ichiipk | 2011-01-07 22:18 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(2)

2011年が始まりましたー。
今、外ではちらほら雪が舞ってます。
イベントの多かった年末には、体調を崩してダウンしたり、いろいろありました。
近江八幡での子育て研究会主催の講演では、楽しい時間を過ごさせてもらいました。
23日のビスタリライブ、来てくださった方、本当にありがとうございました+すみませんでした。
この日、体調を崩し、まさかの欠席。。。
本当にごめんなさい。
楽しい一日になるはずだったのに。。。体調管理のまずさに反省です。

でもでも、また新しい年。
薫平とともに、ちょっと鼻水たらしてますが、元気です。
いよいよ仕事し始めなきゃ。

安房直子さんの童話を読み返し、素晴らしさ、きれいさ、切なさに再感動。
全集が出て、読めなかったエッセイも読めて、安房さんの人となりが感じられてうれしい。
子育て、家事をしながら、心を物語の世界に踊らせて創作されていたのだなぁと、しみじみ。
「冬の寒い日、八百屋の店先に山と積まれた大根や白菜を見ると、生き生きしてきます。」という所で、なんだか涙が。
安房さんのお話が、ふわふわとした夢物語でなく、しっかり地に足をつけたまま、現実とは遠いところにぽんと行けるのは、こういうところがあるからだな、と思いました。
50歳で亡くなられてしまい、残念ながらお会いできませんでしたが、本当に本当に大好きな作家さんです。
私も、今年は、もっと心の底から出て来るものを見つめ、いい作品を作ろう、と心に誓いました。

ということで、今年もどうぞよろしくおねがいいたします!
[PR]
by ichiipk | 2011-01-06 13:45 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(0)

あれから8ヶ月


今日で薫平も8ヶ月に突入です。
あのお産の日から、もう8ヶ月もたつんやなぁとしみじみ。。
あっという間だったような、すごい変化があったので長かったような。

一人で座れるようになって、よく笑い、歌を歌ってあげると一緒に歌うような声をだしたり、言葉にはなってないけどしゃべってきたり。
布でできた絵本を枕元においていたら、朝起きたら一人で開いていたり(びっくり!)。
いろんなものを食べられるようになったり、それに伴ってうんちも人間のらしくなり。

すごい勢いで成長してます。
ほんと赤ちゃんはすごい!

そして、赤ちゃんという時期って、きっと短いんでしょうね。
毎日毎日変わっていって。

ぎゃーあーぎゃーあーと泣かれて、もう焦って疲れることもほぼ毎日あるけれど。
仕事も思うように進まず、いらーっとすることもあるけれど。
でも、
ほんと、小さく愛らしく面白い。
毎日感心したり、じーっと眺めて観察して触って惚れ惚れしてます。(親バカ・・・)
b0120471_0215069.jpg

今日のこんな日を懐かしく思い出す日がきっと来るんだろうなーと思いつつ、
「赤ちゃん」の今日を、しっかり味わって一緒に過ごしたいと思います。
[PR]
by ichiipk | 2010-11-17 00:22 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(7)