絵本作家 市居みかの日々あれこれ ichiipk.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

絵を描いたり散歩をしたり・・・


by ichiipk
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:日々の暮らし( 122 )



年賀状も発売されたようで、ええー!もう年末???という気分ですが。。。

今年もやります!
年末恒例の一日版画教室。

去年は妊娠中のため、私は抜けさせてもらったので、2年ぶり。
一日で一枚、木版画の作品を仕上げます。
毎年、いろんな年代のいろんな人が参加してくれ、一生懸命楽しく作品を作ってくれるのがとてもうれしいです。
最後にはみんなで発表会をして、他の人の作品も鑑賞し、それがまた楽しいのです。
ギャラリーのオーナーさんの作ってくれるお昼もあったかくおいしい!!!

いつもの日常を離れて、ほっこり違う経験をしていただけたらうれしいなと思います。
よかったらぜひご参加ください。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

毎年大好評!
一日木版画教室

11月23日(火・祝)
am10:00 〜 pm5:00
------------------------------------------------------------------------
■講師:カピウソ工房 宮本一・市居みか
■参加費: ¥6,000 (版木、絵の具などの材料費・昼食代・お茶代込み)
■定員:15名様まで *定員になり次第締め切ります。お早めにお申し込みください!
■持ち物
 ・木版画用刷毛(4〜5号くらい)*
 ・彫刻刀(安いものでOK!付属のバレンもあれば)
 ・刷り用ポストカード(官製葉書や年賀状などあまり凹凸のないもの)
 エプロンなど汚れてもいい服
 葉書サイズの原寸下絵(線画程度,だいたいのイメージで可)

*版画用刷毛をお持ちでない場合、こちらでまとめて購入しますので、ご予約時にお申し込みください。
 実費で一本700円程度です。

*その他ご不明な点はブリコラージュまでお問合せ下さい
*ご予約はメールbrico@galaxy.ocn.ne.jp又はお電話(06-6551-4180)にて承ります。
 お名前・連絡先・人数をお知らせください。


------------------------------------------------------------------------
昔の木造家具工場を改装した吹き抜けの心地よい空間で、 秋の一日を版画制作に励んでみませんか。
オリジナル作品はもちろん、手のあたたかみあふれるクリスマスカードや 年賀状などを、
彫りから摺って仕上げるところまでひととおり、
初心者でも大丈夫。ていねいにご指導します。
まごころこもったお昼ご飯も付いてます。
お昼ごはんやおやつも共にしながらのなごやかな雰囲気で、あれこれお話しましょう。

ご参加、お待ちしています。

ブリコラージュ
〒551-0021 大阪市大正区南恩加島2丁目11-17
TEL:06-6551-4180 / FAX:06-6551-4300
brico@galaxy.ocn.ne.jp
http://www.jimoto-navi.com/bricolage/

b0120471_21313934.jpg

b0120471_21315520.jpg

[PR]
by ichiipk | 2010-11-10 21:36 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(0)

迷い猫


なんやかんやで仕事が進まない。
でも、とりかかった読み物の挿絵のラフはなんとかできた。
鳥の巣頭の男の子のお話。
先日から友達に少しベビーシッターを頼むことに。。。
どうなることやら。

一週間ほど前、家の近くに、がりがりにやせた中猫(子猫でなく完全な大人でもない)がよろよろと歩いているのを発見!
えさでおびき寄せ、家の裏口に寝場所を作ってやると、毎日そこで寝ているし、居着いたみたい。
ものすごく人なつこくて甘えん坊だ。人に飼われていたみたい。
どっから来たんかなぁ。。。
すごく顔が小さい。、やせすぎて体がいびつに見えるほどで、抱き上げると体重がないくらいに軽い!背骨がごりごりに触れるほど、骨と皮状態。。。。
病気とかだったら生きられないかも・・・大丈夫かなあと思いつつ、一週間えさをあげていたら、体もしっかりしてきて、みるみる元気になってきた!
よかった。
b0120471_2211826.jpg


薫平がもうちょっと大きくなったら猫を飼いたいと思っていたけど、むこうから早くにやってきたのか?!
家に入りたがるけど、まだ薫平が小さいので、しばし外にいてもらう。
ネルより色が薄いけど、同じ系統のキジだし、同じ女の子だ。
一瞬ネルの生まれ変わりか?!と思う。

まだ名前をつけていないので、「ねこちん」と呼んでいるけれど。。。
本格的に飼うことにしたら、ちゃんと名前をつけてやらなくちゃ。
[PR]
by ichiipk | 2010-11-08 22:12 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(4)

五平餅


昨日、急に寒くなった中、散歩をしたせいか、喉が痛くて鼻水も。。。
ああ、なんか風邪ひきそうです。
マスクしながらくんぺい相手にして、ごろごろの一日。
宮藤官九郎の子育てエッセイ「俺だって子供だ!」を読む。図書館のK司書さんのおすすめ!
以前は子供のいない暮らしも楽しんでいたところや、でも、子育ても同じように楽しんでるとこが共感できる。
ぷっと吹き出したり、「そうそう」と思ったり。
おむつの中でぺたんこになったうんちを「五平餅」と呼んでいるとあったので笑っていたら・・・

ん?このにおいは?

くんぺのりっぱな五平餅が出来てました(笑)。。。
[PR]
by ichiipk | 2010-10-27 21:44 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(5)

陶芸の森


私の住む信楽は陶器の町で、中心に陶芸の森という美術館や、アーティストが滞在して陶芸をする施設やきれいな公園のある施設があります。

b0120471_21424052.jpg

そこの20周年記念イベントのシンポジウムに呼ばれて行ってきました。
陶芸家でない私は部外者ですが、散歩などを楽しむ町内に住むアーティスト代表ということで。。。
3つのシンポジウムの最初は、金沢21世紀美術館の学芸員不動美里さんと、陶芸家の宮本ルリ子さんと私の話。
金沢21世紀美術館は、ほんとにおもしろい活動をされていて、日本一お客さんが多い美術館だそうです。
話を聞いていても、「行きたいなー」と思うような企画ばかり!
友人のヒョウタン仙人奥田さんも、美術館にヒョウタンを植え、収穫し、楽器を作るというワークショップをしていたり、金沢で絵本屋をやっている宇吉さん絵描きのかメリアーのさんたちも横尾忠則さんと横尾さんの贋作を描く、というユニークなワークショップに参加していたり。。。
ただ、高尚な美術作品をガラス越しに鑑賞する、というのでなく、参加する人たちが「自分の」美術館だと思えるような参加できるものが多いのです。
不動さんは共通の友達も多くて、いろいろ話を聞いていたのですが、今日お会いできてすごくうれしかったです。
宮本ルリ子さんも、とてもおもしろい活動をされています。
扱うのは陶器だけど、考え方は、もっともっと遠いところを目指しているのだなと作品を見せてもらい話していて思いました。
ファインセラミックというすごく強度のある陶器を使って、少しずつお経を書いた玉をたくさんつくり、お寺の庭に並べ、来た人に一つずつ持って帰ってもらいます。
その玉には「西暦3000年にこの玉を持っている人はこちらへ連絡してください」とお寺の連絡先も載せているのです。
西暦3000年!!!
ふーっっと遠くへ連れて行かれるような気持ちになります。
その頃、人類は果たして存在するのかな??

短い時間でしたが、魅力的な人々に会えて楽しかったです。
信楽の町も陶芸の森も、もっともっといいものになっていってほしいなぁ。

滋賀県立陶芸の森 http://www.sccp.jp/
[PR]
by ichiipk | 2010-10-23 21:43 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(3)

旅する人


旅をしながら、いろんなところで歌を歌うろくろうさんと風太郎さんが信楽へ。
若い頃一緒にライブによく行ったななちゃん、たーさんたちががんばって準備してくれました。
夕方の山田牧場、たーさんのおいしいカレーやお惣菜食べ放題、コーヒーやチャイも飲み放題のアットホームなライブ。
いろいろ友達も集まってくれました。
久しぶりに二人の歌を聴けて、とても懐かしく、気持ちよかったです。
でも、ずっと薫平を抱いていたので、なんか筋肉痛。。。。
[PR]
by ichiipk | 2010-10-21 21:15 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(0)

エンガワホッコリライブ


友人のMシゲくん宅とその向かいの農機具小屋を会場に、小さなイベント。
その名もエンガワホッコリライブ。
Mシゲくんは某小学校の先生なのだが、いい感じの広い庭と縁側のついた古い家に住んでいます。
そこを会場にライブをし、いろいろおいしいお店も出て、いっぱい友達や近所のおばあちゃんなんかもやってくるのだ。
私のいるバンド、ビスタリも呼んでもらい、絵本の読み聞かせも交えてやらせてもらいました。
くんぺいは友人のみずきにベビーシッターをしてもらい、ご機嫌に。
主催者の人柄で、ほんとにほっこりあったかい雰囲気。
89歳の近所のおばあちゃんなんかも、しっかりずっと見ていてくれました。
楽しい一日でしたー。
b0120471_23173940.jpg

[PR]
by ichiipk | 2010-10-03 23:09 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(2)

南アフリカらしい時間


いやーおもしろかった。
しみじみと。
あまり期待せず、表紙がきれいだったので、読んでみた本。
「南アフリカらしい時間」植田智加子(海鳴社)
b0120471_21554172.jpg

シングルマザーで針灸師の著者が、南アフリカで鍼灸院をしながらの生活を描いたエッセイなのですが、なんの気なしに読み始めたけど、ぐいぐい引き込まれ、涙をほろりと流しながら一気に読みました。
著者は、縁あって、ネルソンマンデラ大統領の治療もしていたのですが、大統領の、ちょっとユニークで素晴らしい大きな人物像が生き生きと伝わってきます。
こういう人だから、他の人ができないことができたのだなぁとしみじみ。
そして、こういう人物を知ると、人種差別の愚かさがすごく伝わってきます。

南アフリカは、貧富の差が激しく、ストリートチルドレンがたくさんいたり、泥棒が横行していたり、決して住みやすい国ではなさそうですが、一人で赤ん坊を抱えて仕事をする著者を、たくさんの頼もしい女性が助けてくれる素晴らしい国でもあります。
その描写がまたすてきで、著者の謙虚な人柄が伝わってくる文章もよく、とても心に沁み入りました。

調べてみると、著者はもう一冊、このエッセイの前に南アフリカへ行くようになったことなどを書いた本が出ていました。
「手でふれた南アフリカ」(径書房)
残念ながらこちらはもう絶版になっていますが、図書館で取り寄せてもらいました。
今、読み始めたところですが、やっぱりおもしろい。

いい本と出会えると、本当に幸せです。
[PR]
by ichiipk | 2010-09-12 21:56 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(4)

一日交代


今は、夫のかわうそ氏と一日交代で、子守りと仕事をしています。
授乳は毎日ですが、夫が子守り番の日は、授乳以外は仕事部屋にてお仕事。
産後仕事第一弾の、小学校低学年向けの読み物の挿絵。
カッパが出てくるお話。
久しぶりに一日集中して仕事をすると、なんだか爽快な気分。
仕事の日の方が、断然、楽やなぁー。

今日は子守りの日。
あまりにも暑い!!!
朝ご飯でバナナを食べていたら、興味を示したので、スプーンでつぶして口に少しずつ入れると・・・食べました!!
初離乳食です。思いがけず。
昼過ぎから薫平を連れて図書館へ。
ベビーカーに乗せて本を選んでいたら、ふぇっふぇっ・・・と泣き出しそうになり。
慌てて車へ戻り、だっこひもをとってだっこに。
途中、授乳室で授乳もさせてもらい、ゆっくりしました。
ふー。

夕方帰ったら、休む間もなく、お風呂、また授乳。。。
その後、適当にごはんを食べ、ぐずる薫平をあやしつつ、座りたがるので、座る練習をし。
だいぶ手を離しても座れるようになってきたかな。
あまりにもぐずるので、いつもより少し早めですが、さっき授乳しながら寝かしつけてきました。
はー、やれやれ。

これから12時に授乳するまでが一番リラックスできる時間。
ああ、今日もくたびれたぞいー。

早くひんやり涼しくなってほしいもんです。
[PR]
by ichiipk | 2010-09-05 20:54 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(4)

まんまるおつきさま


今、寝ようと思って暗い部屋の窓を閉めていたら、月がまんまる・・・!!
カレンダーを見たら、満月なんやねぇ。
すこーし薄雲がかかって、月の輪がまわりにできている。きれい。

電灯をつけずに、しばし月を眺める。
空気がひんやりして、虫の声。
日中はまだ暑いけど、ちゃんと秋が近づいているんやね。
[PR]
by ichiipk | 2010-08-25 23:29 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(4)

おいしい枝豆のゆで方


新潟のにこにこ保育士さん、まるちゃんから、おいしい枝豆がどーんと届いた。
以前もいただいたのですが、新潟の枝豆は、ほんとにおいしい!!!
味が濃く、甘いのです。
箱から出したら、甘みが逃げないように、泣くくんぺいをほったらかし、まずゆでねば!

2キロの枝豆を3回にわけ、まるちゃんから教えてもらった、おいしいゆで方でゆでるゆでる!
以前はたっぷりの湯をわかしてゆでていましたが、まるちゃんによると、すくなーいお湯で、再沸騰の時間をできるだけ短くしてゆでるのがコツとか。

まるちゃんに教えてもらったゆで方はこんな感じ。


 ○ 枝豆は洗って塩をすり込んでおく。
 ○ 鍋に2センチ弱の水を入れ、火にかける。(豆全部が浸からない量でもOK)
 ○ 沸騰したら豆を平らに入れて蓋をする。(強火。再沸騰まで時間をかけない)
 ○ 再沸騰して全体まで湯が充分上がったら蓋を取り(強火のまま)、
   好みの硬さになったかどうか ちょこちょこ取り出して食べてみて、
   程よいところで火を止め、ザルにあげる。
   (再沸騰から1分弱かも。わりとすぐ軟らかくなります)
 ○ 手早く塩をふる。
 ○ すぐに新聞紙に広げ、うちわ、扇風機であおいで手早く冷ます。
   (そのまま放置すると余熱で茹りすぎます)
   あら熱が取れたら止め、食べない分は冷蔵庫にいれておく。
 ○ ゆでたてより、少し置いた方が塩味が豆に入って甘味が増します。

ゆでつつ、ゆだったものからつまみ食い。
んーーーー!
うまい!!!

そして、冷蔵庫で冷やしたものも、塩味がなじんでまたさらにおいしくなってる!
これでこの暑さも乗り切れそうだ。
まるちゃん、ほんとにありがとうーーー!!!
b0120471_130696.jpg

[PR]
by ichiipk | 2010-08-24 13:00 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(4)